Secateurs Rose / セカトゥール・ロゼ 2022

>Secateurs Rose / セカトゥール・ロゼ 2022
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

【土壌】花崗岩、頁岩
【ブドウ樹】古樹
【仕立て】ほとんどが灌漑されていない畑のブッシュヴァイン(株仕立て)
【収穫】まだ暑くない夜明け前に手摘みにて行い、厳しく選果し、全房を直接プレス
【発酵】一晩果汁を寝かせ、コンクリートタンクと4500Lのフードル樽で野生酵母による自然発酵
【評価】Tim Atkin MW, SA Special Report 88pt
スクリューキャップ

ワイン情報

畑の個性由来のミネラルがしっかりと表現されていて、古樹ならではの深みがあり、アロマは複雑で、エキゾチックで味わい深く仕上がっています。
複雑な赤い果実、スパイス、ローズウォーター、ブラックカラントなどのアロマが豊かで、満足感のある風味とテクスチャーが感じられ、長い余韻を伴います。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

自称 「イケメン且つダイナミックさを持つ男」 と豪語するバーデンホースト家のいとこ同士、へインとアディが、スワートランドに本拠を置いて共同オーナーを務めるワイナリーです。
全工程で自然派を貫き、南アフリカにおけるビオの生産者の先駆け的存在のワイナリーで、Tim Atkin MW, SA Special Report では常に最上級の1級に格付けされています。
彼らは共にコンスタンシアの大自然の中、農場を営む生粋のファーマー一族として育ち、ワイン醸造家になるべく、フランス、ニュージーランド、南アフリカで研鑽を積みました。
そして2008年にスワートランドの地で、1930年代から使われなくなってそのまま放置されていた醸造所を含む60haの農園を買い取り、本格的にワイン造りをスターとさせました。
自社畑の半分近くの28haはブッシュヴァイン(自根)だったことも大きなきっかけとなったと言い、彼らの祖父の口癖だった「当時は信号機なんかなくてヒッピーがまだたくさんいて、何かといえば採れたての野菜とサンソーの赤ワインで乾杯したものだ」という、「古き良き時代の営み」を大切にしており、在りし日のまま、昆虫や緑に囲まれ自然と調和した生活を送っており、醸造においても非常にナチュラルなアプローチを用いています。

畑・栽培
1950~60年代に植えられたシュナンブラン、サンソー、グルナッシュをメインに、様々なブドウ品種を、灌漑無しで、ビオロジックにて栽培しています。
全ての品種はそれぞれ南や北、西向きの斜面に植えられており、土壌は基本的に花崗岩ですが、畑によっては表層が粘土質であったり、風化していたり、かなり頁岩が含まれているなど、地質はバラエティに富んでいます。
ブドウ樹は全て株仕立てで、低収量ですが凝縮した果実味が得られます。

醸造
醸造においても徹底して自然に寄り添ったワイン造りのフィロソフィーに則り、細部にまでこだわりをもち、慎重かつ大胆に行われています。
また同じ品種でも、産地や日照時間、土壌の違いなどによるテロワールの個性を細かく吟味しながら、それぞれの区画やそのヴィンテージに合わせた醸造を行っており、それらの個性を存分に引き出すために全てのワインを全房発酵させています。
また清澄は行わず、酸化防止剤も必要最低限の使用に抑えて醸されたワインは、それは正に天性のセンスの結晶と言えますが、彼の施す醸造とアッサンブラージュによってワインは見事にバランスを成していて、全てのキュヴェに土壌の個性が尽く現れています。

(インポーター様資料より)

:白
容量 :750ml
度数 :12
:南アフリカ
産地 :スワートランド
カテゴリー :ビオロジック
生産者 :A.A.バーデンホースト
品種 :ムールヴェードル
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧