Fin Ara / フィン・アラ 2020

>Fin Ara / フィン・アラ 2020
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

パレリャーダは除梗破砕後軽く醸し、ステンレスタンクで発酵後6ヶ月澱と共に熟成。
清澄もフィルターも亜硫酸添加も一切なし。

ワイン情報

’20年はペネデスにおいてはうどん粉病が蔓延した大変な年。
当ドメーヌでは収穫▲80%であったが、ワインはとても高品質なワインが出来、とても凝縮した味わい深いワインとなった。

山吹掛かったイエローの色調。
熟したカリンやマルメロ、エニシダなど黄色い花の香り豊か。
口当たり爽やかで引き締まった酸、柑橘果実風味に柑橘果皮の白い渋の様なタンニンを感じる。
ポテンシャルあるワイン。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

バルセロナで衝撃的な出会いをした・・
バルセロナにフランス風のとてもお洒落な「グレスカ」という人気のお店がある。
レストランとワインバーを併設したスタイルで、恐らく自然派ワインを楽しめるワインバーとしてはバルセロナNo.1の料理を出す店だろう。
そこでワインを頼んだら出てきたのが今回ご紹介する”ア・トン”だった。
軽やかでエレガントでありながら、豊かな味わいがある。一口飲んで気に入ってしまった。

オーナーのアルヴァーロ・ゴンサレスは、永らくぶどう栽培&ワイン造りの経験を積んだ後、2016年自身のボデガを構えた。
ぶどう畑は僅か2ha。当然ながら生産数量は少なく、2018年ヴィンテージで7000本程である。
ペネデスの伝統ぶどう、つまりチャレロとパレリャーダのみを栽培している。
理由は、これら品種が最もこの地のテロワールを表現すると考えているからだ。
当初よりビオにて、またビオディナミによる手法を出来るだけ実践したいと考えている。
醸造においては野生酵母による自然な発酵、フィルターや清澄は行わず、SO2は瓶詰時か澱引き時に僅かに加えるというものだ。
自身のワインを世に出して間もないが、独自のスタイルをすでに確立している感がある。
軽やかでエレガント、そして飲み易い、これがアルヴァーロの特徴だ!
ペネデスの星が、もう一つ表れた。是非ともお試し下さい。

【2019ヴィンテージ最新情報】
①カン・ライムンデ醸造所の隣の優れた畑1.5haを手に入れた!斜面頂上に植わる樹齢50年の古木から高品質なぶどうを得られる
②2019年の天候は高品質なワインを造るうえで最高の天候だった
③今までの経験を総動員し、白はほぼすべてのキュヴェで醸しをしたとても美しい淡いピンク色の薫り高く上質なワインが出来た!
パワーアップした2019年ヴィンテージ、お楽しみ下さい~

(インポーター様資料より)

:オレンジ
容量 :750ml
度数 :10
:スペイン
産地 :カタルーニャ
カテゴリー
生産者 :アルヴァーロ・ゴンザレス・マルコス
品種 :パレリャーダ
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧