Castarède / カスタレード

France Gascoge / フランス


「華やかさと気品、アルマニャックの伝統を伝える最古の蔵」

フランスで最も歴史あるブランデー“アルマニャック”
アルマニャックの産地のなかでも最重要地 Bas-Armagnac(バ・アルマニャック)の中心部にセラーを構えるのが、このカスタレード。
1832年に登記され、2012年に180周年を迎えた現存する最古のアルマニャック・ハウスです。
最古の蔵だからこそ手に入る貴重なヴィンテージもの(年号入りのもの)も限定数でご用意できます。

<アルマニャックとは>
ボルドーの南、ガスコーニュ地方で造られるアルマニャック。700年の歴史を誇るアルマニャックは、フランスで最も歴史のあるブランデー。地元の品種(バコ、フォル・ブランシュ(ピクプール)、ユニ・ブラン、コロンバール)から造られた白ワインを蒸留し、地元のオーク樽で熟成して造られます。熟成の要素は樽とセラー。樽は、葡萄が育つのを見守ってきた地元の木材で仕立てられる(400L)。そしてセラーは、湿度が高いことが重要となる。湿度があることによって、まろやかで優美な液体が生まれ、その液体は美しい琥珀色をまとい、後にマホガニー色を帯びます。

<カスタレードの特徴>
アルマニャックの最重要地 Bas-Armagnac(バ・アルマニャック)の中心部にセラーを構えるカスタレードは、1832年に登記され、2012年に180周年を迎えた、現存する最古のアルマニャック・ハウスです。その長い伝統を真摯に守り抜き、良質の蒸留酒のみが持つ華やかな香りと澄んだ味わい、しなやかな質感が特徴です。通常よりも長く熟成期間をとるため、風味が豊かで調和が取れていますのでアルコール感がきつくなく、とっても、まろやか。ブランデーのイメージを変えてしまうことでしょう!

インポーター:W

ピックアップ記事

関連記事一覧