Apricity Chardonnay / アプリシティ・シャルドネ 2021

>Apricity Chardonnay / アプリシティ・シャルドネ 2021
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

Yarra Valley【ヤラ ヴァレー】のDixon’s Creek【ディクソンズ クリーク】産Chardonnay100%。
ダイレクトプレスからスタートする古い大樽発酵及び熟成。
シュール・リーは6カ月。ラッキングし、更に2-3カ月の熟成。

ワイン情報

Apricity【アプリシティ】とは寒空の広がる冬に、時折顔を覗かせる太陽が与えてくれる慈しみが深い暖かさの事。
コンテンポラリーな醸造を一通り経験し、そしてその伝統的なワイン作りも踏襲しつつ、新たにGaryが挑むべきコンセプトとして冠名されています。
非常に高いエネルギー感を感じさせる稀有なジュースの美味しさを強く感じさせます。
レモンとブラッドオレンジのノート、紅玉の味わいにうっすらとカラメル。
良質なChardonnayから共通して感じられるガンパウダーの香りも。
味わいに凝縮した力強さはありますがテクノロジカルな雰囲気は皆無、ナチュラルなChablisともよく似た味わいです。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

ジャムシードはペルシャ神話に登場する伝説上の王であり、インド神話の閻魔に相当する人物です。
グラスを通して王国の全てを見渡す事が出来たと言われており、ワインが誕生する逸話に深く関わった事でも良く知られています。
オーナー兼ワインメーカーであるギャリー・ミルズは一昔前からオーストラリアワインに冠されるカンガルーやコカトゥー(オウム)と言った名前に辟易としており、国際的に通じる名前を自分のワインへ着ける事を昔から考えていました。
ギャリーの経歴は変化と起伏に富んでいます。
若き日に村田製作所の実業団に所属し、島根県に住んでいた彼は広島カープのプロテストを受ける程の逸材でしたが肩の故障により英会話の教師となりました。
オーストラリアへ帰国後、故郷マガレット・リヴァーでのビンテージ参加、ここから急転直下で彼のキャリアは変化していきます。
日本語堪能なギャリーを見込んで、カリフォルニア ナパにあるリッジからワイナリーでの仕事が舞い込んだのです。
5週間の滞在予定でリッジへと飛んだギャリー。
しかしリッジのポール・ドレイパーは彼の鋭敏な味覚と醸造センスを感じ取り様々な仕事をギャリーに課す事になりました。
結果として2年半リッジ・ヴィンヤードでワインメーカーとして研鑽を積み、果たして彼が愛するワインを自身の手で作るべくオーストラリアへと舞い戻ったわけです。
ギャリーのワインは彼が心から愛するブドウ品種シラーとリースリングを基本としています。
そのスタイルは繊細にして優美。
今やニューヨークタイムズ紙が、オーストラリア最良の生産者として特集する程に世界から注目される存在になりました。
ギャリー・ミルズはオーストラリアの次世代を担うバンディエラとして、その優しく澄み切った視線を未来を見据えています。

(インポーター様資料より)

:白
容量 :750ml
度数 :12.7
:オーストラリア
産地 :ヴィクトリア
カテゴリー
生産者 :ジャムシード
品種 :シャルドネ
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧