Petillant La Bueilloise / ペティアン ラ・ブエロワーズ 2020

>Petillant La Bueilloise / ペティアン ラ・ブエロワーズ 2020
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

水平式圧搾機でプレス
グラスファイバータンクで発酵糖が残った状態で2020年10月9日瓶詰めし、17ヶ月間瓶内発酵・熟成
デゴルジュマン:2022年2月16日
無濾過・無清澄
SO2無添加 トータル:20mg/L未満

ワイン情報

水はけ良い片岩、ブドウに程よい水分をキープする粘土質、地中深くまで水分を保つ石灰質で構成された畑で育つシュナンブランをプレスし発酵、糖が残った状態で瓶詰めし瓶内発酵・熟成しデゴルジュマンしました。
クリアなグリーンイエロー色、レモンやグレープフルーツの香り、エキスのある柑橘の甘味にピールのニュアンス、集中力があり余韻まで楽しめ仕上がりです。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

2011年夏、ロワール地方の中心トゥール近郊で限りなく純粋な瞳の自然派生産者ルノー・ゲティエと出会いました。
植物学研究者であったルノーは2003年に、奥様の実家の農場に移り家業の農場経営を継ぐことを決意しました。
近辺のAOCコトー・デュ・ロワールのエリアにはポテンシャルの高いブドウ畑が荒れ果てた状態で放置されている状況を見て好奇心に火がつきました。
そこで2004から2005年にかけてディジョンでブドウ栽培および醸造学を体感し習得した上で、ロワールに戻りこの地でヴィニロンとしてのスタートを切りました。
まずは放置状態であった古木の小さな区画を見つけては所有者に交渉しに行き、一から手入れすることから始めました。
全て一人で手作業での仕事、古木は1.3mの幅で植えられている為、トラクターでの作業は楽ではなく、馬の手を借りることもしばしばありました。
現在6haのビオロジック栽培のブドウ畑をたった一人で真剣に見つめ続けています。
情熱込めて丁寧に育てたブドウが良く熟するのを待って手摘み収穫、自生酵母のみでの自然醗酵。
白はプレスの後、木樽で醗酵熟成。赤は時にはマセラシオン・カルボニックを行いつつ、基本的には樽内で醗酵熟成。
シュールリー状態で熟成は最低でも12ヶ月間は続きます。
ルノーは樹齢100年近くにもなる古木の地ブドウ・ピノドニスをこよなく愛しています。
代表的キュヴェ「アドニス」は淡い色調からは想像出来ない凝縮した旨味が、そしてシュナンブランから造る白は凝縮した果実味が、土壌からのミネラルと絶妙の調和を奏でます。
収穫したブドウを地中に掘られたカーブの木樽に入れてからはほとんど手を加えることなく自然に任せて呼吸をさせてあげます。
ワインはその間自由に生き続け自然のままの豊かな旨みを醸し出します。

(インポーター様資料より)

:白
容量 :750ml
度数 :10.5
:フランス
産地 :ロワール
カテゴリー :ビオロジック
生産者 :ラ・グラップリ
品種 :シュナンブラン
味わい :辛口

ピックアップ記事

関連記事一覧