Maximus Pinot Noir / マキシマス ピノ・ノワール 2019

>Maximus Pinot Noir / マキシマス ピノ・ノワール 2019
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

30%全房醗酵、醗酵前浸漬。
自然醗酵および約2週間のマセレーション。
フレンチオーク(古樽)へと移され約15カ月間熟成。
少量の亜硫酸と共にボトリング。
ノンフィルター、清澄剤不使用。
Closure:コルク(Natural)

ワイン情報

ワイナリー周辺に拓かれた畑でも特に古い区画からのピノ・ノワールで、かつジョン・ナゴルカがベスト認めた年にのみリリースされるキュヴェ「マキシマス」。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

メルボルンから西へ300kmほど、オーストラリアでも最も冷涼なワイン産地の一つであり、ブルゴーニュとの類似性を指摘されているヴィクトリア州 Henty / ヘンティ。
Hochkirch / ホッフキルシュのヴィンヤードはそのヘンティにおいて特に冷涼な地区・ハミルトンに位置しており、バイオダイナミック農法によって栽培されています。
トータルの年産はわずかに3,000ケース。

放射線技師だったジョンが1990年、1.2haに初めて植樹したことがワイナリーの始まりですが、ワインのクオリティーを上げるため、その後は栽培や醸造に改良を重ねました。
1995年~1997年にかけては植樹のレイアウトを見直し、同時にhaあたり6000本程度の密植に。
そして1997年からBiodynamicに移行を始め2005年にDemeterの認証を取得。
2007年には妹夫妻がやっていた近隣のTarrington Vineyardの畑を受け継ぎ、別ラベルで展開。
除草剤や農薬の使用はもとより、灌漑さえも一切行っておりません。
自根のまま一から始められたヴィンヤードは樹齢30年を超えるものもあり、今後のさらなる品質アップが期待できます。
また醸造でもできるだけ手を加えないよう、野生酵母で醗酵し清澄も濾過もしておりません。

(インポーター様資料より)

:赤
容量 :750ml
度数 :13.5
:オーストラリア
産地 :ヴィクトリア
カテゴリー :ビオディナミ
生産者 :ホッフキルシュ
品種 :ピノ・ノワール
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧