Uivo Rabigato / ウィヴォ・ラビガート 2020

>Uivo Rabigato / ウィヴォ・ラビガート 2020
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

グラップ・アンティエールで足で軽く踏む。
温度管理のあるステンレスタンクでアルコール発酵。
シュール・リーで6ヶ月間熟成。

ワイン情報

シマ・コルゴ地区、片岩、花崗岩の石がごろごろある土壌で単一畑。
このラビガートは、素晴らしいミネラルと塩味が感じられる。
グレープフルーツのような繊細な香りでボディはミディアム、
そしてティアゴが得意とするエレガントな酸味が最後まで楽しめる1本!

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

【幼いころからの夢を叶え、ついに独立】
幼い時から祖父が畑で作業するのを見ていたティアゴは、当時から明確にぶどう栽培、ワイン造りをしたいと強く思っていた!
普通の高校に行く傍ら、農業専門校を並行履修。
大学でも栽培・醸造、さらには農業エンジニアを勉強。
その後オレゴンで5年栽培・醸造経験を積み博士号を獲得。
満を持して、2007年にポルトガル・ドウロへ帰り、祖父母が大切に守ってきた畑を自社畑として復活させた!
フォリアス・デ・バコとは『バッカス神の楽しい宴』という意味。

【現代醸造技術を使い、伝統の足踏みも貫く】
人為的介入は最低限。多くの場合グラップ・アンティエールでラガール(ドウロの伝統的な桶)で軽く踏んだり、ほとんど破砕せずに醸造。
現代醸造技術の知識も思慮深く使いながら、伝統を大事にしている。
野生酵母のみを使い、赤はドウロの伝統の混植混醸。
単一畑になんと25品種以上が植えられている!

彼の畑はドウロのサブ・ゾーン、シマ・コルゴの最標(550m~700m)で、冷涼さのある場所。
最高標高で、ここはドウロなのにポルト造りが認められていないほど冷涼。
表土の浅いシスト土壌で石がごろごろした畑や、花崗岩質土壌も一部にあり、ドウロの中でも最も痩せた土壌。

自然をリスペクトする栽培方法を行うことで、地元の人からは高品質ワインは造れないと思われてきたこの環境でこそ、自分の造りたい、フレッシュで、土地のミネラルを感じられるワインが造れると確信。
信じた道を邁進している!

(インポーター様資料より)

:白
容量 :750ml
度数 :12
:ポルトガル
産地 :ドウロ
カテゴリー :ビオロジック
生産者 :フォリアス・デ・バコ
品種 :ラビガート
味わい :ミディアム

ピックアップ記事

関連記事一覧