Ghetto Dolcetto / ゲットー・ドルチェット 2021

>Ghetto Dolcetto / ゲットー・ドルチェット 2021
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

VIC州スワン・ヒルの畑(砂質ローム土壌・樹齢20年以上)から。
開放タンクで人の足で潰しながら8日間野生酵母による醗酵、ステンレスへとプレスし落ち着かせた後にフランス産の古樽へ。
澱と共に6カ月樽熟成させた後、少量のSO2と共にごく軽くフィルターをかけてボトリング。
清澄剤不使用。

ワイン情報

「Liquid Rock n Roll / リキッド・ロックンロール」はオーナーワインメーカーであるAlex Bryne / アレクサンダー(アレックス)・バーンとその友人キム・ファレルの、音楽とワインのある人生を愛する2人によって2013年に設立された年産1500ケースほどの新しいプロジェクト。

バララット出身現在39歳の アレックス はジーロングの大学でワイン造りを学び、フランスやオーストラリアで経験を積んだ後に独立。
自身の名前を冠した「バーン・ワイン」やメルボルンのアーバンワイナリーなど、バリバリと精力的に活動しています。
その中でリキッド ・ ロックンロールはキム( 彼は同時にワイナリー設備 を取り扱う会社を経営している)と一緒に立ち上げたプロジェクトで、まだ自前のワイナリーを持たない彼らはメルボルン郊外のワイナリーを間借りしてワインを造っています。

アレックスは快活でフレンドリー、しかし質問に対する答えや自信に溢れる 仕草から「この人が造るワインに欠陥は無いな」と思わせてくれる信頼感を備えたワインメーカー。
全体に通底するのはコンヴェンショナルとナチュラルの”融合”とも言えるような考え方で、野生酵母による醗酵・最低限の添加物使用というアプローチを自分の中に落とし込み(そのバランスは6:4のようなイメージで、そこに迷いはないように見える)、使いこなしているといった印象。
ある意味今のトレンドに媚びてない感じで好印象です。
野生酵母による醗酵も、実際に同じ畑からのブドウで培養酵母との比較醸造をして”より複雑さを表現できる”と自分で納得してから取り入れたそう。
「野生酵母と一口で言っても単純に一種類というわけではないんだ。
例えば5つのキュヴェを仕込むとして培養酵母では全てが画一的な味わいになるけれど、野生酵母による醗酵では1つ1つが異なる味わいになる。
だからより複雑で奥行きがあり、その土地から表現されるべき個性あるワインになるんだ。その分手間はかかるけどね」とは訪問時のアレックス談。

(インポーター様資料より)

:赤
容量 :750ml
度数 :14.2
:オーストラリア
産地 :ヴィクトリア
カテゴリー
生産者 :リキッド・ロックンロール
品種 :ドルチェット
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧