Gentil de Katz / ジャンティ・ド・カッツ 2019

>Gentil de Katz / ジャンティ・ド・カッツ 2019
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

ピノ・ブラン50%、ピノ・グリ25%、ゲヴュルツトラミネール25%のブレンド。
平均樹齢40年。

ワイン情報

「シャンディ・ド・カッツ」は「優しいにゃんこ」という意味で、「ジャンティ」はこの「優しい」という意味と、アルザスの伝統的故障における「gentil」(50%以上貴品種を使用したブレンドワイン)をかけています。
白い花やライチ、桃、杏子などを思わせる芳香。
豊かなコクがあり美味しさが口いっぱいに広がる、半甘口~中辛口ワインです。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

跡取りをもたなかったクレマン・クリュールは、2017年8月、同じくビオディナミを実践する長年の盟友レオン・ハイツマンにドメーヌを売却し、畑をフェルマージュしました。
「キュヴェ・マネキネコ」シリーズおよびその他の作品もすべて「レオン・ハイツマン」に継承され、クレマン・クリュールの助言のもと、さらなる品質向上を目指しています。

<「レオン・ハイツマン」>
1804年にアメルシュヴィール村に創業したドメーヌで、1987年に6代目レオン・ハイツマンが継承。
2006年にビオロジック栽培、2008年にビオディナミを開始。
「ベタンヌ+ドゥソーヴ」にも所載されるなど、アルザスを代表するビオディナミ生産者のひとつです。

(インポーター様資料より)

:白
容量 :750ml
度数 :13.5
:フランス
産地 :アルザス
カテゴリー :ビオディナミ
生産者 :レオン・ハイツマン(←クレマン・クリュール)
品種 :ピノ・ブラン (50%)、ピノ・グリ (25%)、ゲヴュルツトラミネール (25%)
味わい :半甘口~中辛口

ピックアップ記事

関連記事一覧