Eminence Wines/エミネンス・ワインズ(ピート & クレア・バーダー)

オーストラリア ヴィクトリア / Australia Victoria

オーストラリア・ヴィクトリア州ウィットランズ(Konpira Maru Winesのワイナリー近く)で、1998年からピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネのスパークリングワイン向けのぶどうを栽培を開始。土壌は異なるが、ウィットランズはシャンパーニュ地方北部の気候と温度が似ているため、これらの葡萄の栽培を選択。


2010年からワイン醸造を開始し、収量も下げながら有機栽培への移行を開始。 2020年にClare Burder(クレア・バーダー)とPete Burder(ピート・バーダー)夫妻が両親から畑を完全に引き継ぎ、サステナブルな有機栽培に完全移行中。
Konpira Maru Winesのペティアン「Mt Midoriyama Chevaucher l’Eclair 2020」は、Eminence Winesで栽培されたピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネを使用。

Eminence Pinot Noir 2019

ヴィクトリア州ウィットランズ産のピノ・ノワール 70%、ピノ・ムニエ 30%を使用。
シルクのような、ふっくらとした、しなやかな口当たりの軽やかな赤ワイン。
フレンチオークの古樽で14ヶ月熟成。

ラベルは、Empire CreativeのGareth Dotchinがデザイン。ワインの柔らかなエッジ、複雑さ、対称性とは少し違うキャラクターをイメージ。日本では麻の葉模様と呼ばれている。

手摘みで収穫したピノ・ノワールとピノ・ムニエをそれぞれ別々に除梗し、5日間冷浸漬した後、30日間皮の上で発酵。マロラクティック発酵前に古樽でプレス後、フレンチオークの古樽で14ヶ月熟成。
別々に樽熟成したピノ・ノワールとピノ・ムニエをブレンドし、無濾過・無清澄でボトリング。ボトリング時にSO2を極少量添加。

ワイン名:エミネンス・ピノ・ノワール 2019
タイプ: 赤
生産者:エミネンス・ワインズ(ピート & クレア・バーダー)
生産者HP:https://eminencewines.com
生産地:オーストラリア、ヴィクトリア、ウィットランズ
品種:ピノ・ノワール 70%、ピノ・ムニエ 30%
アルコール度:13.00%

インポーター:winy

ピックアップ記事

関連記事一覧