Drinking Wine White / ドリンキングワイン・ホワイト 2021

>Drinking Wine White / ドリンキングワイン・ホワイト 2021
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

全てグレートサザン内の自社畑(オーガニック、認証なし)で栽培されたブドウから。手摘み&除梗しステンレスタンクへプレスし、様々なサイズの古樽で自然酵母、そのまま熟成。
少量の亜硫酸と共にボトリング。
ノンフィルター、清澄剤不使用。
Closure:コルク(VINC+)

ワイン情報

レモンの皮やヨーグルト、ヴァニラなど、爽やかな酸と果実味に程よく樽感が加わり、飲み応えありながらスルスルのめる独特のスタイルとなっている白。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

西オーストラリア州グレートサザンの地に2011年設立された Express Winemakers / エクスプレス・ワインメーカー。
醸造家はオーストラリアにおける若手醸造家の登竜門「Young Gun」にノミネートされるなど既に高い注目を集めるRyan O’Meara / ライアン・オメーラ(2019年時点で35歳)。
パースのカーティン大学を卒業した彼はオーストラリアのワイナリーで働き始めますが、「レシピ通りに完璧」を求められる、魂のこもっていない工業的なワイン造りに嫌気が差し一度はワイン業界を離れビール会社に就職してしまいます。
そんなライアンに最初の転機が訪れたのは2008年。
トスカーナで収穫を手伝いながら、自然に寄り添い、自らのライフスタイルにワイン造りが溶け込んでいる人々と出会った時でした。
そうしてワインへの情熱を取り戻した彼はその後失った時間を取り戻すように精力的にオーストラリアとヨーロッパでワインメーカーとしての経験を重ねていきます(フランス/スペイン/ヤラ・ヴァレー)。
そしてその中で彼は南オーストラリアで当時勃興していたナチュラルワインに出会い、それまでの経験を”再調整”させられたといいます。
その再調整には数年を必要としましたが、醸造家としてのステップを確実に刻んでいったライアン。
そして2011年、西オーストラリアでワインメーカーとして働く中で、冷涼な気候を備えつつ、隔離された自然環境に隠されたワイン産地としての高いポテンシャルを彼はグレートサザンの地に見出したのです。
遂にその年、僅か6トンのブドウと共に自身のレーベル「Express Winemakers / エクスプレス・ワインメーカー」を立ち上げました。
ライアンが胸に抱く至上命題はブドウが育つ「土地の味わい」を余すところなく醸造家として”express = 表現”すること。
現在彼が管理(リース)している4つの畑はマウント・バーカーとポロングラップに位置し、全て化学物質の使用を避けた有機栽培が実践されています(加えて彼の友人が管理する他産地のオーガニックの畑からの買いブドウを使用)。
グレートサザンの冷涼な気候の恩恵を存分に受け、花崗岩質の土壌を備えた彼の畑では、灌漑は一切行われずブドウの根が地中深く伸びるように促されます。
収量を厳しくコントロールされた高品質なブドウは比較的早いタイミングで全て手摘みされ、人の足によって潰され、土着の野生酵母によって自然に醗酵させます。
若く才能に溢れたライアンは伝統的なバスケットプレス、ホールバンチ=全房醗酵や白ブドウのスキンコンタクト、必要最低限の酸化防止剤使用といった Minimal Intervention (最低限の人的介入)アプローチと、伝統と革新を自身の中に消化した上でのワイン造りを実践。
そうして出来上がるのは何とも印象的な「活き活きとした、引き締まるような自然な酸」を備えたクリーンでナチュラルなワインたち。
彼のワインに共通して見られるグレートサザンの地から表現されるこの特有の酸こそが、程よいボリュームの果実味と旨味を伴い心地よく喉を通る”Drinkability = 飲みやすさ”を彼のワインに与えてくれているのです。

(インポーター様資料より)

:白
容量 :750ml
度数 :11.7
:オーストラリア
産地 :西オーストラリア
カテゴリー
生産者 :エクスプレス・ワインメーカー
品種 :シャルドネ (55%)、ソーヴィニヨン・ブラン (30%)、セミヨン (15%)
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧