Nicot Blanc / ニコ・ブラン 2021

>Nicot Blanc / ニコ・ブラン 2021
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

粘土石灰質土壌で北東向き斜面のグルナッシュブランとマルサンヌのブレンド。
2日かけて朝に収穫、プレス。
ブドウの温度は10度を超えることはないそう。
自然酵母で3週間~1か月の発酵。春前に瓶詰。(この時にSO2を2g/hl添加)
SO2合計:37mg/L
残糖:1.3g/L
認証:Ecocert、BIODYVIN

ワイン情報

澄んだ薄い黄色の外観。芳香の立ち上がりは良く、白い花や柑橘系。辛口で爽やか、ライトからミディアム。基本的に柑橘系のニュアンスが中心。アルコール度数が例年より低いせいもあるのか軽やか。ただ適度なオイリー感のあるきれいな酒質。食前酒やサラダ、生の魚介などと。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

マス・ニコ(Mas Nicot)とマス・デ・ザグルネル(Mas des Agrunelles)は、ステファニー・ポンソンさんとフレデリック・ポロさん夫婦が運営しています。
マス・ニコは、17世紀からステファニー・ポンソンさんの家族(ニコ家)が所有してきました。
1980年代から15ヘクタールのブドウ畑で本格的にワイン生産を開始し、1998年からリュット・レゾネ(減農薬農法)、2007年から有機農法に移行しています。
マス・デ・ザグネルは、ステファニーさんとフレデリックさんが夫婦で立ち上げた蔵元です。
前述したように、ステファニーさんは、元々ワインを生産してきた家庭の出身ですが、フレデリックさんは、ワインとは全く関係ない家庭に育ちました。
モトクロスバイクの競技者を夢見ていた彼ですが、18歳の時に事故を起こし、結果として車椅子を使っての生活をおくらざるえなくなりました。
その後、彼の姉が行っているレストランのワインリストを担当するうちに、ワインに興味を持ち、ワイン生産者になることを決心。
モンペリエの農業学校で醸造を学び、Argelliers(アージュリエ)でDomaine la Mareleを2000年に起こしました。
2人は、それぞれのドメーヌを継続する一方で、友人や家族で楽しめるワインを作ることを目的に、マス・デ・ザグネルを起こしました。
(現在はマス・デ・ザグルネル名義でドメーヌを統一した模様)

マス・ニコ、マス・デ・ザグルネル共に、日中と夜間の温度差が大きい地域にあります。
従って、ブドウの熟成に良い意味で時間がかかります。糖分の上昇はゆっくりで、酸度も高いレベルを維持できます。
ブドウ畑は、リュット・レゾネを経て、有機栽培を2007年から導入。2009年で3年目となります。
基本姿勢は、あまり畑に介入せず、畑自身の生態系を保つことです。
よって、化学的な肥料や除草剤は使用しないのは当然で、ボルドー液などもほとんど使用しません。

(インポーター様資料より)

:白
容量 :750ml
度数 :12
:フランス
産地 :ラングドック
カテゴリー
生産者 :マス・デ・ザグルネル
品種 :グルナッシュブラン、マルサンヌ
味わい :辛口

ピックアップ記事

関連記事一覧