Cuvee AH, Vin de France / キュヴェ・アー 2021

>Cuvee AH, Vin de France / キュヴェ・アー 2021
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

シラー、サンソーは上記タヴェルと同様のぶどうだがやや早く収穫。
シラーはタヴェルのもう一つのテロワールである砂質土壌。
すべてのぶどうは醸しはせずやさしく即圧搾され、デブルバージュ後発酵。
SO2添加せず2022年春詰め。

ワイン情報

僅かに紫の入った淡いピンクの色調。よりチャーミングな小赤果実風味を感じる。アタックはとてもアロマティックで香水の様。まさにラングロールを彷彿とさせる。余韻にハーブっぽさもありとてもエレガント。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

ナチュールの世界ではタヴェルと云えば皆ラングロールを思い浮かべるだろう。それは当然である。
タヴェルの特殊性は、かなり昔から知られていた。
ローヌ川右岸の高台に位置するタヴェルの畑には、シャトーヌフデュパプと同じような子供の頭ほどもある丸い石に覆われている。
この石はアルプスからローヌ川を伝って流れてきたもので、割ると中はピンク掛かったトパ-ズ色の石英で出来ている。
実はこの石がワインに大きな影響を与えているのだ。
日中の熱を蓄えたこの石が夜間熱を放出しぶどうがよく熟すことにより、醸造しワインとなったときに香水のような馨しい香りとなるのだ。
この香りは醸造時にごく軽い醸しをしないと消えてしまうので、タヴェルでは昔から軽く醸していた。
しかし1980年代濃いワインがもてはやされるようになり、この伝統が失われてしまった。
それを復活させたのがラングロールのエリックだったのだ。
アレクサンドル・オットは、元々栽培するぶどうをラングロールやグラムノンに販売していたのだが、2019年から自身のワインを手掛けるようになった。ラングロールが再興した本来のタヴェルを、アレクサンドルが受け継いでいる。
応援したい生産者の誕生である。

(インポーター様資料より)

:ロゼ
容量 :750ml
度数 :13.5
:フランス
産地 :ローヌ
カテゴリー
生産者 :アレクサンドル・オット
品種 :グルナッシュ (60%)、サンソー (30%)、シラー (10%)
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧