Tuff Nutt / タフ・ナッツ 2022

>Tuff Nutt / タフ・ナッツ 2022
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

Sherwood vineyardから。
収穫後ただちにブドウは100%除梗され、プレス。
ステンレスタンクで野生酵母による醗酵。
残糖が規定レベルに達したところで瓶詰。
酸化防止剤を含む添加物は一切不使用。

ワイン情報

・画像は2021年のものになります。

2022年は遅春に雹害があったために生産量こそ平年よりも少なくなってしまいましたが、全体的に冷涼でじっくり生育期間を経てから収穫できた年。
自然な酸を高く保ちながら凝縮感あるフルーツとのバランスがしっかり取れており、クオリティ面では特に素晴らしい出来になりました。

冷涼な年らしく例年よりもさらに切れ味のあるクリスピーな味わい。
ボトル上部のレモン&ハーブ感~下部のグレープフルーツのハチミツ漬けまで、幅広いスペクトルを楽しめる。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

自ら ”Delinquente = はみ出し者” を名乗るオーナーワインメーカー、グレッグ・グリゴリオ によって2013年設立された新しいワイナリー。
オーストラリアではテーブルワインの産地として認知されているリヴァーランド。
オーストラリアワインの「機関室」と表現され、ファインワインとは縁遠い土地でしたが、彼が造るワインはリヴァーランドの新たな可能性として高い注目を集めています。

グレッグは祖父や父が経営するワイナリーで子供のことからワイン造りに親しみ、自然と自らもワインメーカーとしての道を歩み始めます。
そして数年の海外留学を経て自身のブランドでワインを造ることを決意、生まれ育ったリヴァーランドで2013年「デリンクエンテ」を立ち上げました。
彼が造るワインのコンセプトは明快です。
「リヴァーランドの気候に適応する南イタリアの地ブドウ」を用い、「なるべく人の手を介さない、ナチュラルな造り」で、「Modern & Easy Drinking」かつ「コストパフォーマンスに優れたワイン」を造ること。
ちなみに斬新なラベルデザインは彼の友人でもあるデザイナーによるもので、それぞれにユニークなストーリーが設定されています。

(インポーター様資料より)

:白
容量 :750ml
度数 :9.5
:オーストラリア
産地 :南オーストラリア
カテゴリー
生産者 :デリンクエンテ
品種 :ビアンコ・ダレッサーノ
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧