Costieres de Nimes Rouge / コスティエール・ド・ニーム ルージュ 2019

>Costieres de Nimes Rouge / コスティエール・ド・ニーム ルージュ 2019
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

畑・土壌:ローヌ川から流れてきた小石に覆われた沖積層の平地
醸造:2週間から3週間果皮浸漬、果皮浸漬期間の温度は24-30℃
熟成:コンクリートタンクで12ヶ月間、自然な沈殿、清澄はせず軽くフィルターにかけ瓶詰。
クロージャー:一部圧搾コルク
認証:Euro Leaf

ワイン情報

テロワールの自然な特徴とフィニッシュのフレッシュさの間のバランスを見つけることを試みています。
常温でも、夏に冷やしても、赤ワインソースのパスタやピザと完璧にマッチします。
また、そのスパイシーな特徴は、ローストチキンやグリルしたブリーチーズと相性がよいでしょう。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

1990年にワインメーカーのフランソワ・コラールが家業を継いだとき、彼の父ルイは、当時のコスティエール・ド・ニームのほとんどの生産者と同じように、主にバルクワインを生産していました。
しかし、彼の最も素晴らしい葡萄は、ラ・トゥール・ド・ベローの名のもとに瓶詰めされる運命にあったのです。
このシャトーの名は、台地の頂上、私たちの葡萄畑のそばにそびえ立つ14世紀の火の見やぐらを意味しています。
この塔は、南ローヌの太陽と新鮮な風の恩恵を受けることができます。
– 日中は、北から吹くミストラルの風によって、晴天と乾燥した天候がもたらされ、収穫物を保護します。
– 夜には、地中海からの涼しい風が湿気をもたらし、ワインのバランスを保つのに役立っています。
ラ・トゥール・ド・ベローは、このような最適な条件を象徴するものです。
また、私たちの波乱万丈の歴史と、長く続くワイン造りの伝統を思い起こさせます。
2500年前のヴォルク族に始まり、ローマ帝国の時代も、この丘に葡萄の木が常に生い茂り、コスティエール・ド・ニームはフランスで最も古い生きた葡萄園となっています。
14世紀、アヴィニョンに君臨していたローマ教皇の宮殿の台帳には、彼らが購入したワインの75%がこの地域のものであったことが記されています。
このような背景から、フランソワは、このアペラシオンの評判が回復することを思い描き、プレスメディアや高級料理店に自分のワインを最初に紹介しました。
早くから高い評価を受けていた彼は、常に技術を向上させ(有機栽培や低亜硫酸使用、2022年からはビオディナミ栽培に転換)、バランスを追求し、ワインのジューシーさと繊細さで、コスティエール・ド・ニーム再生のパイオニアとして知られる存在となっています。
ラ・トゥール・ド・ベローのワインは、この優れた畑のノウハウと個性を、楽しく、親しみやすいブレンドでお届けすることを目的としています。

(インポーター様資料より)

:赤
容量 :750ml
度数 :13.5
:フランス
産地 :ローヌ
カテゴリー :ビオロジック
生産者 :シャトー・ラ・トゥール・ド・ベロ―
品種 :グルナッシュ、シラー、マルスラン、ムールヴェードル
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧