Bifaro Bianco / ビファーロ・ビアンコ 2021

>Bifaro Bianco / ビファーロ・ビアンコ 2021
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

畑:海抜480m 粘土質・石灰質土壌 コルドン方式 4,200本/ha
収穫:10月第1週 ハンドピック
醸造:天然酵母による発酵(セメント槽、温度管理なし) マセレーション(30日間)
熟成:セメント槽(6ヶ月)
生産本数:7,000本
SO2:10 mg/L(無添加)

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

レ・クアットロ・ヴォルテは、カラブリア州中北部サン・マルコ・アンジェンターノに位置する、ダニエラ・デ・マルコとジャンピエロ・ヴェントゥーラ、同州コゼンツァ出身の著名なシンガーソングライターのダリオ・ブルノ―リ(ブルノ―リ・サス、蔵元名は2014年にリリースされた彼の曲名に由来)、エミリオ・チャンニの4人の営む小さな蔵元。
丘陵地に囲まれた多様性に富んだ畑は、自然保護区であるシラ国立公園とポッリーノ国立公園の中間に位置し、海抜200-400m、粘土質・石灰質の土壌を有し、ぶどうの質を高める為の基本的な「原材料」とも言える風通しの良い条件を備えている。
テロワールを強調しワインへの「気づき」をもたらす唯一の方法として、長年ダニエラとジャンピエロは有機農法に関するテクニックを学んできた。
栽培するブドウは土着品種のマントニコ、マリオッコ、マルヴァジア・ビアンカ、グアルナッチーノ。
化学肥料、農薬、除草剤は一切使わない。収穫は厳格な手作業で行われ、醸造に置いても基本的に酸化防止剤を使わない。
2021年、ブルノ―リ・サスの曲をきっかけとして、ワイン造りの哲学や伝統を維持しつつ、カラブリアの小さな蔵元はレ・クアットロ・ヴォルテとして生まれ変わった。
ダンスの様な四季の移り変わり、ブドウ畑のサイクル、時の流れへのリスペクト、自然の静けさは立ち止りは、ブルノ―リ・サスの詩的音楽的ビジョンとも重なる。
「日々は過ぎ、年月は去り、そして200回の新年に祝杯をあげよう。人は生まれ変わることが出来る。望むなら再度生まれ変わることも出来る」
(ブルノ―リ・サス、レ・クアットロ・ヴォルテより)

(インポーター様資料より)

:オレンジ
容量 :750ml
度数 :12
:イタリア
産地 :カラブリア
カテゴリー
生産者 :レ・クアットロ・ヴォルテ
品種 :マルヴァジア(80%)、マントニコ(20%)
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧