Carte Blanche White / カルト・ブランシュ ホワイト 2021

>Carte Blanche White / カルト・ブランシュ ホワイト 2021
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

全て自然醗酵、少量の酸化防止剤を除き添加物不使用およびノンフィルター。
クロージャー:コルク(VINC+)

ワイン情報

「カント・ブランシュ」は前年初めてリリースされたシリーズで、基本的にブドウが収穫された畑のテロワールを表現するという立場でワインを造るBKワインズのBrendon Keys / ブレンダン・キースが、例外的に一人の醸造家としての表現を全面に出すBKワインズにおいても少し特殊な立ち位置のワイン。
醸造家ブレンダンにはCarte Blnche = 白紙の地図/白紙委任状が与えられ、そのヴィンテージの出来次第でどんなワインが産まれるのかが決まるため、どんなセパージュになるのか、どんな醸造アプローチが取られるのかは彼から届くオファーを確認しなければ分かりません。
日頃ブレンダンがよく口にする「Tex turned White – 質感のある白」を体現したかのようなクリーム感と口内を侵すような旨味が特徴的で、BKワインズ好きには堪らない出来に。

白は単一畑としてはリリースできなかったシャルドネを基に、サヴァニャン(全体の10%ほど)、少々のピノ・グリ、そして囁く程度のグリューナーがブレンド。
アップルパイやアイスクリームを連想させるアロマに瑞々しい果実味とミネラル、そして口内を侵すような旨みと特徴的かつ入り組んだテクスチャー感が魅力。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

ニュージーランド生まれのBrendon Keys / ブレンダン・キースは、アルティザンなクラフトワインの造り手が集まる、今、オーストラリアのみならず世界で一番ホットな産地、南オーストラリアのバスケットレンジで、その名声の一翼を担うに値する作品を産み出しています。

NZのギズボーンでワインメーカーとしての歩みを始めたブレンダンは、カリフォルニアに移り、オーパス・ワンの醸造ヘッドを務めていたポール・ホブスの元でスキルを磨きます。
その後2004年にはポールに乞われアルゼンチンのヴィーニャ コボスの設立に参加しています。
しかしポールを尊敬しながらもブレンダンは、JuraやAlsace, Burgundyのナチュラルでありながらモダンなスタイルのワインに傾倒していき、2007年、ついに自らの夢を果たすべく小さなワイナリーをアデレードヒルズの森の中に興しました。

ブレンダンの目指すスタイルはナチュラルですが決して懐古的ではなく、アヴァンギャルドとさえ呼べるものです。
野生酵母での醗酵や亜硫酸の最小限の使用(ペティアンはサンスフル)は当然のことですが、オフフレーバーはワインメーカーの矜持として許しません。
したがって出来上がるワイン、例えばSkin& Bones Whiteなどは25日間のスキンコンタクトをしながらもオフフレーバーの欠片もない美しさに仕上がっています。

2014年秋、ブレンダンはLe Grappin(Andrew Nielson)とブルゴーニュでコラボしたガメイを醸造しました(Les Deux Fous)。
醸造に立ち会ったChanterivesの栗山さんは
「ブレンダンのプロフェッショナルな仕事ぶりには学ぶところが大きいです。
SO2を最小限に抑えても破綻の無い作りで、あの品質を保てるのですから凄いです。」
と、彼のスキルを絶賛しています。

(インポーター様資料より)

:白
容量 :750ml
度数 :12.8
:オーストラリア
産地 :南オーストラリア
カテゴリー
生産者 :BKワインズ
品種 :シャルドネ、サヴァニャン、ピノ・グリ、グリューナー・ヴェルトリーナー
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧