Mica Nature / ミカ・ナチュール 2019

>Mica Nature / ミカ・ナチュール 2019
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

手摘み、除梗、プレス、ステンレスタンク、野生酵母でアルコール発酵(低温発酵)、瓶詰め。
SO2無添加。
フィルターも安定化処理もなし。

ワイン情報

※こちらの商品はギフトボックス対象外となります。

フローラルで濃密なグレープフルーツのような香り。
キュッと引き締まった前回のVTに比べて穏やかな酸。
余韻はスーーっと続くミネラルとハーブのニュアンスが◎
SO2の代わりに、プレス時に栗の花を入れた!!

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

ヴィーニョ・ヴェルデという産地は、スペインとの国境ミーニョ川、そしてドウロ川の下流を中心とする大西洋に近いエリアで、アリント、ロウレイロ、アルバリーニョなどの品種で白ワインが主に造られる産地。
大量生産で弱発泡性のシンプルなワインとしてのみ知られてきたこの産地だが、数年前から量から質への転換が少しずつ出てきている。
その中心にいるのが、このヴィニビオ。
ヴィニビオは志を同じくする4人のブドウ栽培農家が、誰もが楽しめる価格帯で、本当に良いヴィーニョ・ヴェルデを造ろうと、一緒に共同組合を起ち上げた。
共同組合と言っても、一般的な量を造るものではなく、これまで大手生産者にブドウを売ってきた小さな情熱ある農家がワイン造りを共有することが目的。
4人のうちの1人、フェルナンド・パイヴァは、ヴィーニョ・ヴェルデだけでなく、ポルトガルでビオディナミのパイオニア的存在。
彼はニコラ・ジョリーやピエール・マッソンの影響を受け、ビオディナミを独学、自分の環境に合わせたやり方で実践している。
小規模で自然派の考え方の造り手はポルトガルではまだまだ僅かで、認証を取得しているのは更に僅か。
しかし、彼の影響を受け本当に良いワインを造っていこうとする動きは、ポルトガルでも確実に起こってきている。

(インポーター様資料より)

:白
容量 :750ml
度数 :11.5
:ポルトガル
産地 :ミーニョ
カテゴリー :ビオディナミ
生産者 :ヴィニビオ
品種 :ロウレイロ、トレイシャドゥラ、アルヴァリーニョ、アリント、アデッソ
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧