domino Salao Frio Tinto / ドミノ・サラオン フリオ ティント 2018

>domino Salao Frio Tinto / ドミノ・サラオン フリオ ティント 2018
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

花崗岩粘土土壌、標高650m。
温暖な年で、夏は非常に暑く、乾燥していた。
樹齢:15年
ブドウ全房(50%)と全粒(50%)を発酵させ、ステンレスタンクで60日間浸漬。
ソフトプレス後、1400Lの栗の木樽で熟成。マロラクティック発酵。
フィルターをかけずに瓶詰め。
生産量2100本。

ワイン情報

赤い果実、野菜の香り、ほのかな炭のニュアンスのある滑らかな舌触り。
口に含むと新鮮で軽くそれでいてバランスの良いドライなタンニン、鮮やかな酸味が長く持続する。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

1999年から2016年の間、ロンドンやスペインやポルトガルなどでシェフを務めたvictor claro。
シェフとしてのキャリアは高く評価され、彼のレストランがカルト的な人気を博していたことから、ポルトガルのワイン業界のキーパーソンたちとも交流を深めていました。
そのキーパーソンの一人、ダーク・ニーポートは、ドウロを中心とした世界的なワインメーカーであり、彼のおかげで世界中の素晴らしいワインに出会う経験をし、いつしかワインの世界に興味が湧くように。
2010年から副業でワイン造りを始めますが、2017年にはシェフを辞め、それまで建築家として活躍していた彼の妻リタと共にワイン造りに専念します。
シェフであるヴィトールは、ポルトガルのテロワールと微気候がもたらす、さまざまな葡萄を組み合わせて、彼が望むワイン、
すなわち鮮やかな酸味とすっきりとした味わいのフレッシュなワインを造る方法を熟知しています。

リスボンの海岸沿いにあるコラレスのブドウ畑では、シャープで塩分を感じさせる大西洋気候が生み出すワインをつくり、
彼らのワイナリーがあるアレンテージョでは、この地域のさまざまな微気候、区画、標高を利用して、
ポルトガルの希少な葡萄であるティンタ・デ・オルホ・ブランコ、タマレス、トリンカデイラ等の非常に古い樹のフィールドブレンドで、
本来なら力強いワインを生み出すことで知られるこの地域から、香り高くエレガントなワインを生み出しています。

彼らの哲学はシンプルです。
Vitorは、純粋さと透明性を実現するために、自分の畑からすぐにはわからないものを表現したいと考えています。
ブドウ畑は有機的に管理され、熟度は抑えられ、セラーでのアプローチは、ソフトで短い抽出、自然発酵、補正なし、低硫黄、非常に軽い濾過など、とても繊細でシンプルなものです。
素晴らしい食材(ブドウ)が揃えば、あとはシェフ次第。彼の研ぎ澄まされた味覚によって、繊細でいて爽やかな酸味や塩味を感じるフレッシュでクリーンなワインが出来あがります。

(インポーター様資料より)

:赤
容量 :750ml
度数 :12.5
:ポルトガル
産地 :アレンテージョ
カテゴリー
生産者 :ドミノ
品種 :グランノワール、トリンカデイラ、アラゴネス(テンプラニーリョ)、カステラオン、アリント、タマレス等のフィールドブレンド
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧