Papa / パパ 2019

醸造方法

醸造も熟成も同じステンレスタンク

ワイン情報

このPapa(パパ)は、ピノ・ノワール100%。
Xavier(ゼヴィア)が最も愛するブドウと公言して、はばからない品種を駆使した、スルスル飲めるタイプの赤ワインとなります。

但し、昨年まで南オーストラリアのMount Gambier(マウント・ガンビア)から収穫していたフルーツからうって変わり、盟友Patrick Sullivan(パトリック サリヴァン)と、その師匠William Downie(ウィリアム ダウニー)が管理する畑からフルーツを得ています。

Papaは、ボジョレーに恋したXavier(ゼヴィア)にとって、彼の地の赤に想いを馳せながら、醸した彼唯一の赤ワインです。
軽やかで飲み易く、万人に愛されるスタイルを目指して醸造も熟成も同じステンレスタンクで行っています。

ストロベリーとラズベリーの香りが満載で、イージードリンクスタイル。
軽く冷やせばXavier(ゼヴィア)が恋した、かの地から生まれるワイン同様に果実の愛らしい美味しさがストレートに楽しめる筈です。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

Xavier【ゼヴィア】はXavier Goodridge【ゼヴィア グッドリッジ】によって4年前から作られ始めたクラフトコンセプト。
一昨年にBendigo【ベンディゴ】にある実家ガレージにワイナリー機能を持たせて本格的にビジネスが軌道に乗り始めたのですが、実は昨年の途中からGippsland【ギプスランド】に再び引越しをしました。
William Downie/Patrick Sullivan達と畑を共同で農園を運営しながら(Xav自身は1番の小間使いですね)ワイン作りをする為です。
以前の彼は食い扶持を得る為に、時たまアルバイトなどもしていましたので、状況はかなり好転した様に思えました。
元々Bill&Patの畑で働いていたUNKEL【アンケル】のRob Barley【ロブ バーリー】が故郷のNew Zealandに帰国して以来、馬車馬の様に働く人間が必要とされていたタイミングでしたから完璧なタイミングだったと思います。

(インポーター様資料より)

:赤
容量 :750ml
度数 :12.5
:オーストラリア
産地 :ヴィクトリア
カテゴリー
生産者 :ゼヴィア
品種 :ピノノワール
味わい :やや重口

ピックアップ記事

関連記事一覧