PETNAT CZESKI FILM / チェスキー・フィルム NV

>PETNAT CZESKI FILM / チェスキー・フィルム NV
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

ザイェチー地区(南モラヴィア)のぶどう(石灰岩)を使用。
手摘みで収穫。選果後、除梗、破砕し、24時間スキンコンタクト。
その後、古い木製のプレス機を使い手作業でプレスし、澱と一緒にコンクリートオープンタンクに入れ、1週間発酵を続ける。
2019年産のグリューナーのマストをゆっくりと加えた後にノンフィルター、酸化防止剤なしで瓶詰め。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

祖父と父も小さなワイン醸造家だったイヴァン(夫)はチェコのヴァルチツェにある唯一ワインについて学べる高校を卒業後、ブルノにあるメンデル大学でぶどう栽培工学を専門で学ぶ。
卒業後、2年後世界中を旅して、チェコ共和国に戻る。22歳のとき父親がザイェチーの村で1haの小さなワイナリーを立ち上げ、ぶどう園の手伝いとしてそこで働き始め、ワイン技術者のアシスタントとして、セラーで働き、5年後、セラー長になる。
14年間で1haだったぶどう園は22haへ。
その後、変化を求め、プラハの農林水産省のワイン部門で2年間働き、そこで現在の妻イヴァと出会い、2018年にモラヴィアの南部で小さなワイナリーを夫婦で設立。
ワイナリーの名前、Smeskaはチェコ語で「混合」という意味。
モラヴィアの南部出身の夫とプラハ出身の妻。2つの異なる人格の混合を意味する。
多くの品種を混ぜ合わせてワインを造っているという意味もある。

ラベルは私達の生活の様々な描写があります。
ウサギのラベルは、彼らの住むザイェチー村はチェコ語でウサギがたくさん住む場所という意味。
ヘアードライヤーのラベルは彼らのワインはすべてドライですという意味。
鳥が妻の心に描かれているラベルは、夫であるイヴァンの苗字のKleiberが、ムナジロゴジュウカラ(鳥の名前)なので、彼女の心の中に夫が居るという意味。全てが彼らの生活の中のシンボル。
真似したいと思うスタイルは世に無く自分らしいワイン造りをしたい。
自然とよい関係性を持つことを大切にしている。
人々にするように謙虚になり、忍耐強く、耳を傾け、正直になり、そして待つ。
そうすると、ぶどう園にもワインにも最高のものを与えることができる。
人工的な影響を与えず、自然の影響に任せる。
新しい畑を購入し、新しいワインセラーも建てたので、2021年は生産量を倍にして、ナチュラルなスパークリングワインに焦点を当てたい。

(インポーター様資料より)

:オレンジ
容量 :750ml
度数 :11.5
:チェコ
産地 :モラヴィア
カテゴリー
生産者 :スミェスカ
品種 :グリューナー・ヴェルトリーナー 50%(このうち20%は2019年産)、ヴェルシュリースリング(50%)
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧