Wonder Womanne / ワンダー・ウーマンヌ 2020

>Wonder Womanne / ワンダー・ウーマンヌ 2020
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

全品種を即プレス後アッサンブラージュした淡い色合いのロゼ・ペティヤン。
20hl/haと低収量なので旨みが詰まっている。
SO2無添加、清澄・フィルターなし。

ワイン情報

オレンジ掛かった淡いピンク色。
泡は弱く、マンダリンオレンジのコンフィの優しさある果実感豊かで、フレッシュ感あり。
果実の甘味は感じながら完全発酵しているので残糖はない。
生産者アンヌが模したスーパーマンボトル。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

とても興味深い生産者が登場した!
前情報によると、南仏のぶどうを買ってロワールでワインを造っている女流醸造家??いったい何者か?と訝しがっていたらこういうことだった。
ビオディナミの本を著し、南米でも栽培指導を行うなどその道の大家でもあるクリストフ・ボーのドメーヌ・ボートレにて共同で仕込んだワインをトゥーレーヌにある自身のドメーヌに持ち込んで更に熟成させ、ワインを造っている。
しかもご主人は、あの超自然なワインを醸すグレゴリー・ルクレールだと。
しかも話はこれで終わらない。
この家には何とあの幻のルメール・フルニエを醸していたニコラ・ルナールが居候しており、彼も自分のワインを造っている。
こんな理想的な環境で、美味しいワインが出来ない筈がない!
この女流醸造家の名前は、アンヌ・パイエ。
一体アンヌのワインはどんな味なのか?
それは南仏の豊かな果実味そのままで、ロワールらしい伸びやかな爽やかさが共存している、生き生きしたワインだ!
アンヌのロワールドック(ロワール+ラングドック)を、是非とも味わって頂きたい!全キュヴェSO2完全無添加。
(現在は、ニコラ・ルナールは同居しておりません)

(インポーター様資料より)

:ロゼ
容量 :750ml
度数 :13.5
:フランス
産地 :ロワール
カテゴリー
生産者 :アンヌ・パイエ
品種 :サンソー、シラー、グルナッシュ
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧