VDF Les Copain d’abord / レ・コパン・ダボール 2021

>VDF Les Copain d’abord / レ・コパン・ダボール 2021
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

【樹齢】ルーサンヌ:約13年 クレレット:約43年
【土壌】クレレット:粘土石灰質 ルーサンヌ:粘土質
【仕立て】ルーサンヌ:ゴブレ(株仕立て) クレレット:ゴブレ(株仕立て)
【収量】20hl/ha
【発酵】ステンレスタンクにてルモンタージュとバトナージュを行いながら、野生酵母にて自然発酵を促します。
ルーサンヌは8日間マセラシオンを行い、クレレットは直接圧搾します。
【熟成】ステンレスタンク使用
◆SO2無添加

ワイン情報

親しい友人と共に楽しい時間を過ごすときに相応しいワインを造りたいという思いから、友人へのささやかなオマージュの意味を込めて生まれました。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

2007年、ラングドック地方ポーアンの地に、ジュリアン・ペイラス氏によって設立された新星ドメーヌです。
元々はジュリアンの祖父の代から続くブドウ栽培農家で、育てたブドウは農協団体などに売っていましたが、3代目のジュリアンは出来上がったブドウの素晴らしさを自らの手で生かすべく、一念発起して自社元詰めのワイン造りを始めました。
彼は幼い頃からブドウ畑が遊び場だったので、ヴィニュロンになることを志したのは自然な流れでしたが、慣れ親しんだ土地のテロワールを尊重すべく自然と協働する栽培を一貫して行うために、ドメーヌ創業前から(当時は今ほどまだ自然派がもてはやされる前でしたが)、ラングドック地方におけるビオディナミの先駆者 『ドメーヌ・フォントディクト』 で修業を積み、全キュヴェSO2(酸化防止剤)無添加を貫くなどの自身の哲学を築き上げました。
そして今でも彼と同じようなポリシーで農薬に頼らないワイン造りをする同世代の生産者らと積極的に意見交換を行い、メキメキと実力を上げており、今まさに脂ののった若き注目株の生産者です。
エチケットのデザインは、画家であるジュリアンの母親が描いています。

●畑
【栽培】ビオディナミ:プレパラシオンは500番が中心で、コンポストやイラクサ、フェヌグリークなどのハーブを乾燥させたものを撒いて土を養成しています。
【面積】4.5ha
【畑立地】南向き
【栽培品種】
《白ブドウ》クレレット、グルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ
《黒ブドウ》サンソー、シラー、カリニャン
【土壌】
1.ビルフランシュアン:砂利と水晶を多く含んだ粘土質で、暑いランクドック地区においてもミネラルに富んだブドウが育つ(カリニャンなど)
2.玄武岩:鉄分が多く含まれ、よりパワフルなブドウが育つ(グルナッシュなど)

●醸造
全ての工程において、手間も時間もかかりますが徹底して自然に忠実なワイン造りをしています。
例えば移動や移し替えにおいてポンプは一切使用せず、タンクや樽を持ち上げて高低差を付けてワインにストレスを与えず行い、また電気消費量もより少なくなるように工夫しています。
【収穫】完熟するまで待ち早朝全て手摘みにて行う
【除梗】基本的に100%
【圧搾】年代物の木製の垂直式プレス機を用いて重力によって優しくプレス
【発酵】ステンレスタンクを用い、酵母も酸化防止剤も無添加で、ピジャージュも行わず、ゆっくりと時間をかけて自然発酵を促します。
【熟成】樽によるプラスαの要素を得るため厳選した古樽を使用
【SO2】全キュヴェ不使用
【瓶詰】なるべく液体に負担を掛けないように手動の瓶詰め機を使用

(インポーター様資料より)

:白
容量 :750ml
度数 :11.4
:フランス
産地 :ラングドック
カテゴリー :ビオロジック
生産者 :ドメーヌ・ジュリアン・ペイラス
品種 :ルーサンヌ、クレレット
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧