Red Red Wine / レッド・レッド・ワイン 2020

>Red Red Wine / レッド・レッド・ワイン 2020
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

シュナンとグロローは一緒に12日間マセ、フランは6日マセ。
ファイバータンクで発酵、瓶詰め前にアッサンブラージュ、スターターのみ亜硝酸少量使用。

ワイン情報

クロスグリの様な赤黒いベリー系の果実味、ほのかに黒胡椒、軽やかだが、緻密なタンニンがあり、食中酒としてバランスの良い仕上がり。
アフターのフルーツ香がチャーミングです。
”レッドレッドワイン”はUB40の曲から。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

アンジェから車で1時間弱南下すると Faveraye ファヴレイという町があります。
風が多く吹くこの地方は風車が多くありました。
ジャン・マリーの蔵 LA VINOTERIE はそんな古い風車の後のある古民家にあります。
2017年まで10年間 Les Roches Seches というドメーヌにて仲間3人でワイン造りをしていましたが、方向性の違いから、2018年に独立しこの LA VINOTERIE を造りました。
トゥール生まれで代々ワイン造りをしている家ではありませんでしたが、おじさんがボルドーでワイン造りをしています。
そのおじさんの家にバカンスに行ったときにワインに興味を持ち始め、ワイン造りを志すようになったそうです。
現在30代半ば、好きなことを仕事にしたいというよりは、楽しみながら仕事をしたかったという彼は、自由にのびのびとワイン造りをしています。

畑は以前のドメーヌの畑の一部を買い取り約4ヘクタール所有しています。
1.4haがシュナンブラン、1haにシャルドネ、もう1haにはグロロー、そして0.6haにカベルネフランが植わっています。
アンジェの南側、黒アンジェと呼ばれるシスト系土壌です。
近くにはレイヨン川が流れていて水分が溜まりやすいですが、土壌が砕けやすいために水分は根の奥へと浸透していくそうです。

醸造に関しては、シャルドネを早摘みして発酵を促すためにスターターを造ります。
スターターには、微量の亜硫酸を入れて(20mg/L)悪い酵母が出ないように落ち着かせます。
2017年は瓶詰め時に少量のSO2を添加しています。2018年からは、スターター以外には基本的に亜硫酸を添加していません。
どうしてもねずみ臭(豆臭)が出ないように作りたい、そのためにはどうするべきかをとても真剣に考えてワイン造りをしています。
まだまだ新しい環境で新しい醸造方法で始めたばかりのジャンマリー。
今後期待の若手生産者です。

(インポーター様資料より)

:赤
容量 :750ml
度数 :11.5
:フランス
産地 :ロワール
カテゴリー
生産者 :ラ・ヴィノテリエ
品種 :グロロー (45%)、カベルネフラン (45%)、シュナンブラン (10%)
味わい

ピックアップ記事

関連記事一覧