Les Copains Glou Glou / レ・コパン・グルグル 2021

>Les Copains Glou Glou / レ・コパン・グルグル 2021
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

9月上旬収穫
全房で4日間スミマセラシオンカルボニック
空気圧式圧搾
セメントタンクで7日間発酵・熟成
濾過あり・無清澄
瓶詰め:2021年11月
SO2無添加 トータル:15mg/L

ワイン情報

一年を通じてドメーヌの手伝いに来る友人のために造ったコパンシリーズでSO2無添加のキュヴェです。
サンソーを全房でスミマセラシオンカルボニック後プレス、セメントタンクで発酵・熟成しました。
淡く透明感のある菫カラーのガーネット、ブラックチェリーやアメリカンチェリー、フレッシュで若々しいアロマ、優しくまろやかなアタックにタンニンや酸が纏まり穏やかな上品さのある仕上がりです。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

コスティエール・ドゥ・ニームのサン・ジル近郊に65haを所有する20世紀初めから続くファミリードメーヌ、Mas du Chene(マス・デュ・シェーヌ)に初めて出会ったのは2020年1月、南仏モンペリエで開催されたテイスティング・サロン“Le Vin de mes amis(ル・ヴァン・ド・メザミ)”。
長身でパンキッシュな女性がグイグイくるな。全てのワインがとにかく明るい。
SO2がどうだとか、ヴォラティルがどうだとか難しいことが一切頭に浮かばない。
ストレートな果実味とフレッシュな酸、重さは一切なくグラスが進む。
「これこれ!こういうのが欲しかったんだよなぁ」という言葉がポンと頭に浮かんだ第一印象をよく覚えています。
エマニュエル・ドゥロン(妻)は母が亡くなった後、1999年に実家に戻りブドウ栽培を引き継ぎました。
伴侶のリュック・ヴィニャル(夫)はワイン屋として働いていましたが、2008年にエマニュエルとワイン生産をすることを決意、現在までずっと2人3脚でドメーヌを切り盛りしています。
所有する65haの土地のうち43haはブドウ畑、その中でも16haが自家ボトルワイン生産用ブドウとして2010年以降ビオロジック栽培でブドウを育てています。
その他の27haの畑は現在ネゴシアン販売用になっています。オーガニックの正式な認証取得は2023年からです。
マス・デュ・シェーヌの畑の特徴は、
①森やオリーブ畑など、とにかく広くて豊かな自然に囲まれている事
②第4紀氷河期と温暖期が交互にあった時期を経て形成された赤い砂で覆われた土壌、グレスと呼ばれる石ころが畑のあちこちに見られる事
水はけがよく、地下水層に水がストックされ、近年心配される水不足などの心配が少ないです。
そこで通常この暑い地域では栽培があまり考えられないピノノワールやサンジョヴェーゼなどの品種を植えることが可能になっています。
Marche Arriere(マルシェ・アリエール)というキュベ名にもあるように、エマニュエルとリュックは昔の人達の栽培方法に近づきたいと考え、自然にビオロジック栽培へ方向転換をしていきました。
次世代の子供たちへ、素晴らしい自然環境にあるこの土地を残したいという目的もあります。
剪定した枝は砕かれ、土へ戻り肥料となり、除草剤や農薬などはやめ、ボルドー液や硫黄を必要最低限使用、虫対策は性別混乱法を取っています。
日本が大好きだという長身でツンツン短髪プラチナブロンドのエマニュエルの明るさと豪快さと思い切りの良さは、第一印象から強烈な印象を人に与えます。
伴侶のリュックはおしゃべりなエマニュエルと比べると控えめでおとなしい印象です。
でも目力が強く視線がまっすぐで意志の強さが見える人で、畑仕事に余念は一切ありません。
ドメーヌ・デ・トゥールのワインが大好きな2人、アペラシオンの規定や周りの生産者たちの考えに影響されず、リラックスして、自分たちの大好きなワインを思うように造ることを心がけております。
「なんでサンジョヴェーゼを造ってるの?」と聞くと「美味しかったから造りたいと思っただけよ。」という返事が返ってきます。
天然酵母での醗酵、ヴィンテージやブドウの状態に合わせながら、伝統的醸造法もマセラシオンカルボニックも取り入れて12ものアイテムを造っています。
この先の輸入セレクトももう少々増やしていく予定でいます。
これからも自由な発想を持ち続けて色々なキュベが誕生していくことでしょう。味わいも個性も間違いなく楽しみな生産者です。
総生産量は約70000本。

(インポーター様資料より)

:赤
容量 :750ml
度数 :11
:フランス
産地 :ラングドック
カテゴリー :ビオロジック
生産者 :マス・ヂュ・シェーヌ
品種 :サンソー
味わい :ミディアム

ピックアップ記事

関連記事一覧