La Souteronne Gamay / ラ・ストゥロンヌ・ガメイ 2020

>La Souteronne Gamay / ラ・ストゥロンヌ・ガメイ 2020
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

9月上旬収穫
全房で空気圧式圧搾
週2回ピジャージュしながらステンレスタンクで発酵(マロラクティック発酵あり)
ステンレスタンクと225Lの古樽で熟成
無濾過・無清澄
瓶詰め:2021年5月
SO2瓶詰め時:25mg/L トータル:28mg/L

ワイン情報

全8区画のガメイのパーセルのうちの1つラ・ストゥロンヌという区画名でキュヴェ名に冠しました。
花崗岩で育つガメイを全房でプレスしステンレスタンクで発酵、ステンレスタンクと225Lの古樽で熟成しました。
濃いパープルガーネット色と酸。冷涼感のある繊細な味わいを感じます。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

2010年6月、夏の輝く太陽を背中にタベル近郊から北へひたすら200km、北ローヌのサンジョセフを目指しました。
ローヌ川に対して垂直に向いた急斜面に段々畑が続くタンエルミタージュの対岸に広がるサンジョセフ地区に自宅を構える現当主エルヴェ・スオー。
そのローヌ川右岸から西へ30km、くねくねとした山道の上り下りを繰り返すと秘境のような高地アルルボスク村にあるドメーヌに到着します。
パリ出身のエルヴェは元貴族だという妻の実家が経営するドメーヌ・ロマノーデストゥゼを受け継ぎ、1993年からワイン造りを始めました。
16世紀に建てられたお城のような住まいに併設した醸造所は、歴史を感じる重厚感があります。
畑はドメーヌ近辺のドゥー川に続く南東向きの斜面のほか、サンジョセフ地区では珍しいとされるエルミタージュと同じ地質をもつ区画「サンテピーヌ」など合計7ha所有し、すべて南東向きという好立地。
昔、火山が噴火した花崗岩が風化し砂地になった標高450メートルの斜面の畑では、病気に強いヴィオニエ、早熟で病気に繊細なルーサンヌ、高樹齢のガメイやシラーが育っていました。
標高の高さからブドウにしっかりとした酸がのるのが特徴で、収穫も通常より2ヶ月ほど遅い10月から開始されます。
目力が強く一見強面のエルヴェですが、笑顔がやさしく気品のある頼もしさが印象的。
そんな真摯な彼との対面後、ワインへの期待が膨れに膨れた我々に、答えるかのごとく期待を遥かに超えるレベルのワインが次々とサービスされ驚嘆の声が上がり続けました。
それもそのはず、エルヴェはコルナスの自然派生産者ティエリー・アルマンの元で基本的なワイン造りを学び、友人であるダール・エ・リボの元で研修を積んだ真の実力者で、北ローヌの中でも美しく抽出された果実味とピュアという一言だけでは片付けられない繊細な崇高さに目が覚める思いでした。
年々ワインの質が向上し続け、現地での評価も上がっています。
除梗なし、低温管理を行わず時間をかけた自然発酵、醸造段階SO2無添加というこだわり、こうした丁寧な醸造方法があの高貴な味わいを生み出す、これぞまさしく深遠なるグランヴァンです。

(インポーター様資料より)

:赤
容量 :750ml
度数 :12.5
:フランス
産地 :ローヌ
カテゴリー :ビオロジック
生産者 :ドメーヌ・ロマノ―・デストゥゼ
品種 :ガメイ
味わい :ミディアム

ピックアップ記事

関連記事一覧