Carmin / カルマン 2021

>Carmin / カルマン 2021
SWAILIFE WINE SHOPで見る

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

マス・ニコ(Mas Nicot)とマス・デ・ザグルネル(Mas des Agrunelles)は、ステファニー・ポンソンさんとフレデリック・ポロさん夫婦が運営しています。
マス・ニコは、17世紀からステファニー・ポンソンさんの家族(ニコ家)が所有してきました。
1980年代から15ヘクタールのブドウ畑で本格的にワイン生産を開始し、1998年からリュット・レゾネ(減農薬農法)、2007年から有機農法に移行しています。
マス・デ・ザグネルは、ステファニーさんとフレデリックさんが夫婦で立ち上げた蔵元です。
前述したように、ステファニーさんは、元々ワインを生産してきた家庭の出身ですが、フレデリックさんは、ワインとは全く関係ない家庭に育ちました。
モトクロスバイクの競技者を夢見ていた彼ですが、18歳の時に事故を起こし、結果として車椅子を使っての生活をおくらざるえなくなりました。
その後、彼の姉が行っているレストランのワインリストを担当するうちに、ワインに興味を持ち、ワイン生産者になることを決心。
モンペリエの農業学校で醸造を学び、Argelliers(アージュリエ)でDomaine la Mareleを2000年に起こしました。
2人は、それぞれのドメーヌを継続する一方で、友人や家族で楽しめるワインを作ることを目的に、マス・デ・ザグネルを起こしました。
(現在はマス・デ・ザグルネル名義でドメーヌを統一した模様)

マス・ニコ、マス・デ・ザグルネル共に、日中と夜間の温度差が大きい地域にあります。
従って、ブドウの熟成に良い意味で時間がかかります。糖分の上昇はゆっくりで、酸度も高いレベルを維持できます。
ブドウ畑は、リュット・レゾネを経て、有機栽培を2007年から導入。2009年で3年目となります。
基本姿勢は、あまり畑に介入せず、畑自身の生態系を保つことです。
よって、化学的な肥料や除草剤は使用しないのは当然で、ボルドー液などもほとんど使用しません。

(インポーター様資料より)

:赤
容量 :750ml
度数 :13.5
:フランス
産地 :ラングドック
カテゴリー
生産者 :マス・デ・ザグルネル
品種 :シラー (70%)、カベルネソーヴィニョン (30%)
味わい :ミディアム

ピックアップ記事

関連記事一覧