Fara Montepulciano d’Abruzzo / ファッラ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 2019

>Fara Montepulciano d’Abruzzo / ファッラ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 2019
SWAILIFE WINE SHOPで見る

醸造方法

除梗後、フードルで発酵
アンフォラと古樽で3~5ヶ月熟成
SO2瓶詰め時:少量 トータル:68mg/L

ワイン情報

フランス軍の前に突如現れた年配の紳士が、樫の木を火柱に変え兵士を蹴散らしたという物語の一幕をラベルに起用しました。
カシス色の外観、プルーンの香り、冷涼感と優しいタンニンんが好印象の逸品です。

生産者情報(インポータ・造り手・問屋情報)

イタリア、アブルッツォ、マジェッラ国立公園内のPretoro自治区内(標高602メートル、人口1,100人)にFABULAS(ファビュラス)の畑があります。
アドリア海まで35キロという立地ではありますが海洋性気候の影響は乏しく、大規模な山の影響を受け、昼夜の寒暖の差がブドウの品質に寄与します。
その地域に及ぼす影響を評価した「Biodiversity Friend」認定を受けるなどブドウの品質を高めるだけでなく、環境の保護、豊かな土地、
労働者の健康すべての観点を重要視し生産者という位置付けだけでなく、この歴史ある土地を守る者としての使命を掲げ活動を行うワイナリーでもあります。
放牧する羊からの自然な肥料や、飛び交う鳥やミツバチ、動物の息吹が身近に聞こえる理想的な環境の畑で肥沃な土壌が質の良い静謐なバイブレーションを纏うブドウを育ててくれています。
畑ではビオディナミを取り入れ、デメテール認証を取得しています。
自然界の酵母について「花や果実などどこでも見られるもので、昆虫、風および雨などの自然のベクターを介してブドウの皮に到達し発酵が可能となる」と言い、
ファビュラスでは地域の固有の酵母のなかでも特にカモミールと地元の植物「スラ」からの花粉から選択された酵母を好み、
プレス機からアンフォラの粘土の小穴までこの酵母が定着していると言います。

ワインとラベルは現在マジェラ国立公園になったこの土地に生きた伝説のMajellaneと呼ばれる7人の女性戦士にまつわる伝説やこの地の歴史、
土地に根付く価値観など、すべてこの土地を舞台に巻き起こった様々なストーリーをそれぞれのワインに展開し、ラベルに描写しています。
ワインを飲むだけでなくラベルやストーリーを想像しながら古(いにしえ)のアブルッツォへ、、、時空を超える旅をお楽しみください。

(インポーター様資料より)

:赤
容量 :750ml
度数 :13.5
:イタリア
産地 :アブルッツォ
カテゴリー :ビオディナミ
生産者 :ファビュラス
品種 :モンテプルチアーノ(85%)、その他(15%)
味わい :ミディアム

ピックアップ記事

関連記事一覧